| トップ | 事務所案内 | スタッフ紹介 | 採用情報 | プライバシーポリシー | お問合せ |

遺言

定義と効力

ある人(遺言者)が、自分の死んだあとに、その所有する財産上の権利義務を、特定の人に引き継がせることの意思表示のこと。遺言者の死亡によりその効力が発生する。

相続手続において、遺言上で示された内容が最も優先される。

遺言>相続人間の協議(遺産分割)>裁判所の判断(調停・審判)>法定相続分

ただし、効力が発生した時点では遺言者の意思を確認することができないため、遺言書が有効かどうかの判断(要件・形式)が非常に厳格になっている。

要件・形式を満たさない遺言=原則として無効